VIOの医療脱毛で起こりがちな肌トラブル

昔と違い、医療脱毛(レーザー脱毛)がとてもリーズナブルになったので受ける人が増えてきました。

☆参考☆医療脱毛料金一例…VIO医療脱毛/全範囲照射5回66,600円

ですがこれから受けてみたい、気になっているという人の中には肌トラブルなどはないのか心配だという人もいるでしょう。

不安だ、心配だという人のために医療脱毛で起こりがちなトラブルとそのトラブルをどう対処しているかをご紹介します。

▽ありがちな肌トラブル

医療脱毛を受けた後肌トラブルが全くない人もいますが、赤みが出たりひりひりしたりむくみが出たりといったちょっとしたトラブルが起こる人は多いです。

特にVIO脱毛は敏感な場所ですからどうしてもこうした症状が起こりやすいのです。

中でもVIO脱毛の中でVラインは毛嚢炎というニキビのようなものができることもあります。

ですがこうした肌トラブルは施術を受けたクリニックに言えば診察して薬を処方してくれますので心配はありません。

▽硬毛化や照射漏れ

医療脱毛の後硬毛化や増毛化が起こることもあります。

施術をしたところの毛が硬くなったり増えてしまうことなのですが、このような症状が出た場合でもクリニックに相談すれば対応してくれます。

多くのクリニックが硬毛化や増毛化は無償で処置してくれます。

また、ごくまれに照射漏れが起こることもあります。

このような場合も無償で再度照射してもらえますので安心です。

▽大きなトラブルはなし

医療脱毛で、大きなトラブルはありません。

特に有名なクリニックだと熟練した医師や看護師が施術してくれますので安心です。

脱毛専門のクリニックだと、特に安心感がありますね。